無職支援>不当解雇されそうなった時にすべき事。

会社との契約期間の途中なのにもかかわらず、会社側から
いついつまでに退社してほしい、というような事を
言われてしまったら、それはもう断れないのでしょうか。

結論から言うと、その人が正社員でなくてもなくても
働いている以上は権利が守られています。つまりこの場合は
「辞めたくない」と思ったら断る事ができます。

会社が雇用している人材を解雇するには法的にその理由が
認められなければなりませんが、その理由は、
「会社側が人材を解雇しなくても済むように努力していて、
それでもなお業績の下降などの理由でリストラするのが
やむをえない状態あり、解雇する人材の選出の仕方が
公平になされていること」という事になります。
雇用保険についてはこちらも参考にすると便利です。
http://hisei1213.web.fc2.com/

「自分は契約社員だから正社員より先に解雇される
のは仕方が無い」と思う方が非常に多いようですが、
不当に解雇を行う会社にとっては、そう思わせることで
都合よくリストラを済ませられるのです。

もしそのような事になったら、まずは「辞めない」という
意思表示をハッキリ示しましょう。
それでも解決しない場合は労働基準監督署へ相談すると
伝えるだけでも何かしらの変化が見られる事もありますし、
退職する場合でも納得できる条件を提示してもらった上で
検討すべきなのです。

無職支援

トップページ
自動的に取られる所得税。還付は逃すな。
正社員じゃない人は確定申告に注意しよう。
無駄な納税。使える控除は全て使うべし。
会社員でも副収入があれば確定申告を。
買い物をしたら領収書を必ずもらおう。
税の未納の先に待つ恐ろしい罰則とは。
納得できない税には異議申し立てを。
フリーターだからこそ社会保険に加入しよう。
万が一のときのため労災保険にも加入を。
会社を辞めたらこれだけは忘れずに。
失業給付をちゃんと受け取るために。
手続きはめんどくさくてもさっさと済ませよう。
アルバイトもして給付を受けるとどうなるか。
会社を辞めるタイミングで受給期間が決まる。
健保と違い国保は強制加入させられるので注意。
国民年金と厚生年金の違いを知ろう。
苦しい時は免除申請を利用しよう。
就業規則を出さない会社はあぶない。
契約社員やパート労働者は不利なのか。
新しい職場で誓約書が出てきたら疑おう。
雇用期間を決めるときは慎重に決めよう。
ッ契約書と就業規則の違いについて
こんな求人広告には注意。見分けるポイント。
ハローワークでうまく紹介してもらうには。
自分の給料明細を確認してみよう。
不必要な支出はNG.受信料と購読料。
光熱費や医療費のムダをなくするためには。
悪徳商法にだまされないためには。
自分の地域の最低賃金を知っておこう。
セクハラや社内恋愛にも気をつけよう。
解雇されそうになったら最低限の権利は主張する。
冠婚葬祭では恥をかかないようにしよう。
自分自身の結婚式を経済的にするには。
葬儀に出席する場合の注意点を知っておこう。
要領よくクレジットカードを利用しよう。
キャッシングが出来なければ他の方法を。
所持品を売って現金化する方法あれこれ。
本やCDは専門店で売ったほうがおトク。
ランチは絶対にコンビ二で買わないこと。
お金をかけずに公共施設を利用しよう。
不当解雇されそうなった時にすべき事。
契約更新を拒まれたらどう対処するか。
派遣先の会社から一方的に解雇されたら。
有給をもらえていない人はちゃんともらおう。
短期の仕事ばかりでも有給はもらえる。
残業手当と深夜手当をしっかりもらう。
労基署の対応に不服があったらクレームを。
会社とのトラブルはどこへ相談するか。
個人でも加入できる労働組合「ユニオン」
裁判は迅速便利な労働審判で行う。

その他

リンク募集中

inserted by FC2 system